交通事故と慰謝料弁護士

交通事故の被害を弁護士に相談する際のポイントについて



まとめ

事故被害に遭ってからの流れをなんとなくでもつかんでいただけたでしょうか。まずは状況確認です。それから警察に連絡をし、落ち着いて確認した状況を伝えます。そして警察の到着を待つ間に加害者の住所氏名、保険会社を聞きます。警察が到着したらきちんと人身事故として届け出ましょう。そうしなければ示談交渉のときに有用な資料を警察は作成してくれません。そして、入院、通院が必要な際はすぐに病院に行きましょう。事件後しばらくたってから病院に行き治療を始めても事故との因果関係を相手保険会社に疑われて慰謝料を請求できない場合があります。そして、治療も落ち着いてきたら、弁護士の方に相談しましょう。あなたに信頼できる弁護士がいる場合には、事件の流れをリアルタイムで知ってもらうためにできるだけ早いうちから相談をした方が良いです。

信頼できる弁護士がいない場合には急いで適当な弁護士に連絡をすることは避けましょう。やはりいざというときのために信頼できる弁護士を見つけておくことは重要です。弁護士に連絡をし、事件に着手してくれるということであれば、後は弁護士の方に任せましょう。弁護士と相談を重ね、よりよい示談をしてください。

さて、これまでのおさらいをしましたが、大きな事故被害に遭ってしまうと事故が起きているその瞬間も大変なのですが、その後処理も大変です。やはり交通事故に会わないことが最も大切なことです。常日頃安全には注意を払いましょう

≪参考リンク≫弁護士法人アディーレ

報酬形態

示談金、賠償金を相手保険会社から思ったより支払ってもらえなかった場合、弁護士に相談することをお勧めします。個人のちからではいくら抗議を申し立てようと相手にしてもらうことはかないません。そこで、法律に精通した弁護士の力を借りるのです。しかし、弁護士を雇うと余計に高くなるのでは、弁護士に頼んで賠償金の額が変わらなかったら自分が損をするだけなのでは無いかと心配される方もいらっしゃるかと思います。

しかし、安心してください。現在、ほとんどの大手法律相談事務所は相談料、着手金を無料でサービスを行っています。これによりもしも、もらえる金額が増加しなくてもあなたが損をする心配はありません。では、どこから弁護士の方に報酬金を支払うのかというと、増加した回収額のだいたい1割くらいを報酬とします。回収できる額の増減はその担当する弁護士の腕にかかっているわけですから、あなたの心強い味方となることは間違いありません。

弁護士の方に相談するのに心配することは何も無いと、おわかりいただけたでしょうか。あなたが受け取った示談金や賠償金の額に少しでも不満や違和感を抱いたなら、相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。ただし、どうみてもあなたが不利な状態であれば弁護を断られる可能性もあるため、それは頭の片隅に置いておきましょう。

弁護士の利用

交通事故というのは身近な存在でいて、もしも起こってしまったらあなたはその事実を生涯忘れられないことでしょう。交通事故の規模によってはちょっとしたいざこざですみますし、人命に関わるような大事にもなり得ます。事故になってしまえばその全てで被害者と加害者が生まれ、損害とその賠償も発生します。そうなったときにもしもあなたに法についての知識が無ければ、あなたが加害者であろうと被害者であろうと大きな損をすることになるでしょう。そんなときにあなたの味方になってくれるのが法のスペシャリストである弁護士です。今回はそんな困ったときの味方である弁護士についてご紹介します。

弁護士には、三つの義務があります。少し省略して紹介すると、一つ目は基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命として社会秩序の維持および法律制度の改善に努力しなければならない。二つ目は深い教養の保持をし、法律および法律事務に精通しなければならない。三つ目は弁護士は、当事者その他関係人の依頼や訴訟事件、審査請求などに関する行為その他一般の法律事務を行うことを職務とする、です。こうしてみると弁護士はあらゆる法律に精通しているこのように思えます。しかし、弁護士といえど一人の人間です。弁護士にも分野によっては得意不得意があり、また、経験の浅い弁護士の方も必ず一定数は存在します。つまり、あなたが交通事故の示談交渉でよりよい示談内容にするためにはベテランの交通事故関係に強い実績のある弁護士を知っておく必要があります。

交通事故と状況確認

交通事故被害に遭ったときに一番大切なのは状況確認です。例えば、ひき逃げにあった場合には加害者の乗っている車の車両ナンバーを記憶することは重要です。意識不明の重体でない限り加害者の車両のナンバー、色、車種を記憶し、メモなどに残すと良いでしょう。ひき逃げの検挙率は95%と高めですが、あなたの協力で事件の解決がスムーズになります

次に、加害者が事故を認めて車を降り、話し合いに応じた場合です。あなたが事故に遭っても軽傷かつ冷静であれば、まずは警察に連絡しましょう。落ち着いて現在の状況を伝え、その上で警察に状況見分してもらい示談交渉の際に役立つ資料の作成をしてもらいます。この資料の作成をしてもらうには物件事故では無くて人身事故として届けることを覚えておきましょう。また、警察が現場に駆けつけ取り調べを行うまでの間にもすることがあります。それは加害者の住所氏名、保険会社の確認です。その後お互いの保険会社への連絡をしましょう。ただし、後の示談交渉は、良い弁護士を知っているなら弁護士の方に任せた方が良いです。保険会社の方に加害者との示談交渉を任せてしまうと、保険会社の方がなるべくお金を払わなくてすむように話を進める可能性を否定できません。

事故の当事者であるあなたには起きてしまった事故を穏便に済ませるためにやらなければいけないことがたくさんあります。しかし、交通事故を経験することは、確率的に人生で一度や二度です。その一度目で失敗しないためにもやはり弁護士の力を早期に借りるべきでしょう。そこで今回は弁護士に相談するときのポイントを紹介します。